Skill 英語・留学

【イギリス留学】必要な英語力「IELTS」のスコア目安

投稿日:2021-01-06 更新日:

よし!留学しよう!と決意できたとしても、留学に必要な英語力がどの程度か分からないですよね…。

その前に、まだ決意できていないよ〜という方は、【イギリス留学】英語苦手な私が留学決意した理由を見てみてください。

語学学校や専門学校、大学や大学院など、留学先機関によっても必要となる英語のスコアが異なります。

今回は必要な英語力の目安を留学先機関別にご紹介いたします。
※詳細はご自身の行かれる大学などのHPをご確認ください。

 

語学学校に必要な英語力

そもそも「Tier4学生ビザ」を取得するために英語力証明が必要となります。語学コースならIELTSの全教科(Reading,Listening,Writing,Speaking)で4.0以上が必須です。

ただ、ReadingとWritingのスコアを重視する語学学校もありますので、必ずチェックしてください。

私の場合Writingのスコアが3.5と異常に低く、頑張って勉強して5.0に上げてから入学しました…。
勉強方法は別の記事に書きます。

語学学校でIELTS対策をするコースが用意されているくらいなので、まずは最低でもIELTS4.0を取得し、現地でさらに猛勉強しましょう。

専門学校に必要な英語力

専門学校の場合、二年制のカレッジと呼ばれるものも含まれます。専門学校の場合は、ビザ取得のためにIELTS全教科 5.5以上が必要となります。

ただし、専門学校ではもちろん英語力対策は行われないので、スコアだけでなく、しっかりと授業についていける程度の英語力は必要です。

例えば、専門用語などについてはIELTS対策の他に別途勉強しておく必要があります。事前に専門用語を調べ、ある程度学習してから専門学校に入学することをおすすめします。

大学・大学院に必要な英語力

英語での論文作成やプレゼン、グループワークをするのに必要なアカデミックな英語力が求められるため、入学する大学や学部によって多少異なりますが、一般的な大学の場合はIELTS 6.06.5が必要です。

オックスフォード大学やケンブリッジ大学などの一流大学を目指すならIELTS 7.0以上とる必要があるでしょう。

一方大学院の場合、IELTS 6.57.5が必要です。より専門的で高度な勉強をするので、英語力だけでなく、その分野の知識や専門用語を知っていることが前提となります。

まとめ

留学の目的、留学先機関によって必要なIELTSのスコアも異なりますので、事前にチェックしておきましょう。

また、IELTSは短期間で成績があがるような試験ではなく、総合的な英語力が試される試験なので、余裕を持って試験対策を始めることをおすすめします。

【IELTS対策】たった一ヶ月でスコアを2.0上げた方法

-Skill, 英語・留学
-, , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【IELTS対策】たった一ヶ月でスコアを2.0上げた方法

IELTSスコアによって入れる学部が制限される場合があるので、気を抜くことはできません。しかし、留学前の英語が苦手なときに一定レベルのスコアを出さなければいけないというところが非常に難しいですよね。 …

【イギリス留学】英語苦手な私が留学決意した理由

「イギリスの大学卒業しました」これだけ聞くと優秀そうに聞こえますが、実は中学と高校では英語が一番の苦手科目でして… 恥ずかしながら追試や補修の毎日でした。 そんな私がなぜ留学を決意したのか。今回はその …

Profile

こんにちはSenaです。

高校を卒業した後、イギリスの大学に入学し様々な経験をしてきました。大学卒業後はOL兼主婦をしています。

「生活×趣味×仕事」をテーマに、暮らしに役立つ情報や、留学事情・英語勉強方法など、紹介していきます。

記事ごとにカテゴリー分けしているので、ぜひ興味のある記事を見つけてみてください。

詳しくはProfileをご確認ください。